ヌカカ健康被害サーベイランス プロジェクトについて

 米子市の弓ヶ浜半島地区では、昔よりヌカカと呼ばれる、非常に小さなハエ科の昆虫の吸血による健康被害が知られています。
 ヌカカは弓ヶ浜半島付近で5月から8月にかけて発生し、干拓虫とも呼ばれています。成虫は全長が1~1.5mmほどで非常に小さく、網戸をくぐり抜けて家屋内に侵入します。また衣服の中にもぐり込んで体のあちこちを吸血し、蚊に似た皮疹を作り、激しい痒みを引き起こします。

 今年度より、ヌカカ被害の発生状況を把握し、地域住民の方々に注意していただくために、インターネットおよび スマートフォンを介した情報収集を始めています。

 トップページの地図上で、ヌカカの被害を受けた(咬まれた)場所をクリックしてください。そこに表示されるメモに、
  1) かまれた日付
  2) かまれた体の部位
  3) かまれた数
  4) 報告者(よろしければ)
 を記載し、[報告]ボタンをクリックしてください。地図上にその情報が記録されます。
 地図は拡大縮小や移動ができます。

 登録した情報は、今後のヌカカ対策に役立てていきます。皆様のご協力をよろしくお願いします。

スマートフォンでの利用

http://mimas.eecs.tottori-u.ac.jp
当サイトは、スマートフォンのブラウザでも問題なく動作するはずです。
アドレス入力が面倒な場合は、こちらのQRコードで撮影入力して下さい。
(ブックマーク等を宜くお願いします。)
http://mimas.eecs.tottori-u.ac.jp
スマートフォンのホーム画面上に、このサイトを開く為のアイコンを作るには、
・ブラウザで開く⇒メニュー/アクションを開く⇒『ホーム画面に追加』を行う
・ブラウザで開く⇒ブックマークする⇒『ショートカットを作成』を行う
等のやり方でいけるはずです。

ヌカカ対策の関係機関名と担当者

参考資料等

ヌカカ について

  • ヌカカ (ウィキペディア)
  • ヌカカ (weblio辞書)
  • ヌカカ (Google画像検索) 指紋とのサイズ比較や、刺された痕等が見れます

関係機関等の別テーマについて



問合せ

当サイトの問合せ先等については、メール連絡頁の最下段を参照して下さい